blog

2017-10-16
ロックで頂きます#ウィスキー

ロックで頂きます#ウィスキー

Posted in blog | No Comments »

2017-10-15
写真好きな仲間としてお願い。アマチュアだろが、プロだろうが守って欲しい事。最近、instaやFBでの写真や動画、ストーリー配信などで、辞めてほしい事が多々あります。 ・危険な場所(立入禁止場所)に侵入して撮影する・車を運転しながら撮影する(手持ちで)・撮影マナーを守らない(我先精神しかない)(自然を壊す行為)デジ一眼レフ、ミラーレス、スマフォと写真を撮る環境が一昔を比べて極めて日常化している今こそ皆さんにお願いです。私は長崎県島原市出身です。1990年11月17日私の地元雲仙普賢岳が200年ぶりに噴火しました。そして翌年1991年6月3日雲仙普賢岳大火砕流により43名もの犠牲者が出ました。犠牲者人々は、報道関係者、地元消防団、警察官、タクシー運転手などです。この事故は、マスコミによる報道のあり方を考えさせられるきかっけとなりました。・マスコミが撮影してた場所は定点と呼ばれており、同時は避難勧告区域だった。・小規模火砕流が頻繁に起きていたが定点までは到達しないだろうと思われていた・避難勧告は避難を強制させる法的な力はなく、事前に危険な状態で有ることを、気象庁が警告していたが、 警察関係者は避難を呼びかけたが避難しなかった。・新聞にカラー写真が出始め、よりよい写真、映像を取ろうと報道の過激化が起こる。この当時は私は小学生でした。もちろんこのことを知ったのは後の話ですが、もし規制がもっと厳しければ・・・。警戒区域だったなら・・・。もっと犠牲者は少なくて済んだ(もしくは犠牲者0)のではないかと思う。環境は違えど、写真を取りたいがために、立入禁止区域に立ち入る。私有地へ許可なく立ち入る。最近のSNSにはこうした写真が横行してます。熊本地震後のラピュタの道。検索すると空撮ではない、足を踏み入れた写真が沢山出てきます。もし、事故が起きたら、もしここで地震が起きたら・・・と考えてみてください。そしてもうひとつ。私は、高校生の頃、祖母を交通事故で亡くしました。祖母は88歳の誕生日の日でした。信号のない横断歩道を渡りきろうとあと一歩のところを車にはねられました。事故の原因は飛び出しでもなんでも無く、運転手の脇見です。脇見運転してませんか?instaのストーリーを見てると、車を運転しながら運転手自ら撮影している動画をよく見ます。フォローさせていただいてる方には、「運転中の撮影はやめましょう!」と毎回注意をしています。私が毎回言っている意図はこういうことなんです。数回言われた方も何名か居ると思います。固定カメラで撮影するのは良いですけど、片手カメラで片手ハンドル。運転に集中できるわけないですよね?自分のような悲しい思いを、誰にもしてほしくないですし、子を持つ親としてこんな運転をする人を許すことはできません。言い方キツイかもしれませんが、ハンドル持つなら自覚を持ってください。最後に一つ。写真を撮影したいのであれば、撮影マナーを守りましょう。みんながいる中での喫煙、ポイ捨て、先に場所を取ってる人の前に立って撮影する。木の枝が邪魔だからと折る。私有地に立ち入る。侵入禁止場所に三脚を建てる。マナーを守らない人が横行しすぎて段々撮影する機会・場所が限られてきます。今京都のお寺は殆どが三脚禁止です。昔は普通に三脚立てて撮影できました。これには大きな理由があって、もちろん外国人観光客が増えて移動の邪魔になるのも1つですが、一番大きなのは、ロープを貼ってある中に三脚の足を起き、岩苔を壊す、傷つける。コレが一番横行したからです。私は、上記のような状況で撮影された写真には何の価値もないと思っています。自己満足のために他のことを考えない行為は私は写真好きな仲間とは思いません。どうか皆さんも私と同じ考えの仲間であり続けて欲しいです。#写真仲間 #マナー #ラピュタの道 #熊本 #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #写真部 #写真 #kazemachigallery

写真好きな仲間としてお願い。アマチュアだろが、プロだろうが守って欲しい事。最近、instaやFBでの写真や動画、ストーリー配信などで、辞めてほしい事が多々あります。 ・危険な場所(立入禁止場所)に侵入して撮影する・車を運転しながら撮影する(手持ちで)・撮影マナーを守らない(我先精神しかない)(自然を壊す行為)デジ一眼レフ、ミラーレス、スマフォと写真を撮る環境が一昔を比べて極めて日常化している今こそ皆さんにお願いです。私は長崎県島原市出身です。1990年11月17日私の地元雲仙普賢岳が200年ぶりに噴火しました。そして翌年1991年6月3日雲仙普賢岳大火砕流により43名もの犠牲者が出ました。犠牲者人々は、報道関係者、地元消防団、警察官、タクシー運転手などです。この事故は、マスコミによる報道のあり方を考えさせられるきかっけとなりました。・マスコミが撮影してた場所は定点と呼ばれており、同時は避難勧告区域だった。・小規模火砕流が頻繁に起きていたが定点までは到達しないだろうと思われていた・避難勧告は避難を強制させる法的な力はなく、事前に危険な状態で有ることを、気象庁が警告していたが、 警察関係者は避難を呼びかけたが避難しなかった。・新聞にカラー写真が出始め、よりよい写真、映像を取ろうと報道の過激化が起こる。この当時は私は小学生でした。もちろんこのことを知ったのは後の話ですが、もし規制がもっと厳しければ・・・。警戒区域だったなら・・・。もっと犠牲者は少なくて済んだ(もしくは犠牲者0)のではないかと思う。環境は違えど、写真を取りたいがために、立入禁止区域に立ち入る。私有地へ許可なく立ち入る。最近のSNSにはこうした写真が横行してます。熊本地震後のラピュタの道。検索すると空撮ではない、足を踏み入れた写真が沢山出てきます。もし、事故が起きたら、もしここで地震が起きたら・・・と考えてみてください。そしてもうひとつ。私は、高校生の頃、祖母を交通事故で亡くしました。祖母は88歳の誕生日の日でした。信号のない横断歩道を渡りきろうとあと一歩のところを車にはねられました。事故の原因は飛び出しでもなんでも無く、運転手の脇見です。脇見運転してませんか?instaのストーリーを見てると、車を運転しながら運転手自ら撮影している動画をよく見ます。フォローさせていただいてる方には、「運転中の撮影はやめましょう!」と毎回注意をしています。私が毎回言っている意図はこういうことなんです。数回言われた方も何名か居ると思います。固定カメラで撮影するのは良いですけど、片手カメラで片手ハンドル。運転に集中できるわけないですよね?自分のような悲しい思いを、誰にもしてほしくないですし、子を持つ親としてこんな運転をする人を許すことはできません。言い方キツイかもしれませんが、ハンドル持つなら自覚を持ってください。最後に一つ。写真を撮影したいのであれば、撮影マナーを守りましょう。みんながいる中での喫煙、ポイ捨て、先に場所を取ってる人の前に立って撮影する。木の枝が邪魔だからと折る。私有地に立ち入る。侵入禁止場所に三脚を建てる。マナーを守らない人が横行しすぎて段々撮影する機会・場所が限られてきます。今京都のお寺は殆どが三脚禁止です。昔は普通に三脚立てて撮影できました。これには大きな理由があって、もちろん外国人観光客が増えて移動の邪魔になるのも1つですが、一番大きなのは、ロープを貼ってある中に三脚の足を起き、岩苔を壊す、傷つける。コレが一番横行したからです。私は、上記のような状況で撮影された写真には何の価値もないと思っています。自己満足のために他のことを考えない行為は私は写真好きな仲間とは思いません。どうか皆さんも私と同じ考えの仲間であり続けて欲しいです。#写真仲間 #マナー #ラピュタの道 #熊本 #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #写真部 #写真 #kazemachigallery

Posted in blog | No Comments »

2017-10-13
行ってきたぜ!!最初子供泣いてたけど、途中から面白かったみたいで笑ってました。#木下大サーカス

行ってきたぜ!!最初子供泣いてたけど、途中から面白かったみたいで笑ってました。#木下大サーカス

Posted in blog | No Comments »

2017-10-06
半端ねぇ!増えすぎ・・・。 #トミカ #プラレール

半端ねぇ!増えすぎ・・・。 #トミカ #プラレール

Posted in blog | No Comments »

2017-10-05
ゲット

ゲット

Posted in blog | No Comments »

2017-09-29
久々カメラを構えてみる

久々カメラを構えてみる

Posted in blog | No Comments »

2017-09-29
今日はこんなとこに居ます。だこでしょーか

今日はこんなとこに居ます。だこでしょーか

Posted in blog | No Comments »

2017-09-28
#クソジジイ

#クソジジイ

Posted in blog | No Comments »

2017-09-28
飲み。もう空けました

飲み。もう空けました

Posted in blog | No Comments »

2017-09-27
美味しそうなヤツゲットしました。#梅酒 #愛媛県

美味しそうなヤツゲットしました。#梅酒 #愛媛県

Posted in blog | No Comments »